Canonicalが支える、さくっと使えるUbuntu OpenStack - OpenStack Day in ITpro EXPO 2014

Technology

virtualtech-japan-inc
  • 1. OpenStack Day in ITpro EXPO 2014Canonicalが支える、さくっと使えるUbuntu OpenStack日本仮想化技術株式会社VitrualTech.jp玉置伸行
  • 2. 私は誰?• 日本仮想化技術の中の人• OpenStack関連のビジネス創出中• @ITの「たまおきのOpenStackウオッチ」の中の人• ThinkITでOpenStackディストリビューション8社比較記事を企画中2
  • 3. 日本仮想化技術株式会社概要• 社名:日本仮想化技術株式会社– 英語名:VirtualTech Japan Inc.– 略称:日本仮想化技術/VTJベンダーニュートラルな独立系仮想化技術のエキスパート集団• 設立:2006年12月• 資本金:2,000万円• 売上高:1億3,000万円(2013年7月期)• 本社:東京都渋谷区渋谷1-8-1• 取締役:宮原徹(代表取締役社長兼CEO)• 伊藤宏通(取締役CTO)• スタッフ:8名(うち、7名が仮想化技術専門エンジニアです)• URL:http://VirtualTech.jp/• 仮想化技術に関する研究および開発– 仮想化技術に関する各種調査– 仮想化技術に関連したソフトウェアの開発– 仮想化技術を導入したシステムの構築– OpenStackの導入支援・新規機能開発3
  • 4. 仮想化環境構築をトータルサポート設計導入・移行• 戦略立案– コスト削減、社内標準化、将来プランのコンサルティング• 設計– 要求仕様の策定– サーバ、ストレージからネットワークまでアプリケーションまで考慮した設計最適化– キャパシティプランニング(ベンチマーク)• 導入– 仮想化ソリューションパッケージの提供– 仮想化統合(P2V既存環境移行)• 運用保守– エンジニア教育– 技術サポートの提供– OSSソースコードレベルサポート運用保守ベンダーニュートラルなワンストップ・サポートをご提供4戦略立案
  • 5. OpenStackへの貢献• コントリビューション– Nova bare-metalprovisioning– DiskImage Builder– Bug fixes in variousprojects• イベント企画・運営• ドキュメント公開5Stackalytics – VirtualTech’s contributionsCommit 数は120OpenStack最新情報セミナー
  • 6. OpenStack最新情報セミナー• OpenStackに関心のあるエンジニアを対象とした技術セミナー• 過去7回実施(括弧内は申込者数)– 2013/11 Canonical 講演(80名)– 2014/2 HP Moonshot 紹介(100名)– 2014/4 SDN&OpenStack (200名)– 2014/6 ストレージ(120名)– 2014/8 OpenStack Distribution (140名)– 2014/10 大規模×ネットワーク(120名)6
  • 7. EnterpriseCloud.jp• OpenStackで始めるエンタープライズクラウドの情報サイト• OpenStack導入手順書のダウンロード• 各種プレゼン資料• その他ブログ記事7
  • 8. なぜ私がお話しするのか?Canonical社のビジネスパートナー– クリエーションライン– 日本IBM– 日本仮想化技術– ネットワンシステムズ– ミラクル・リナックス(50音順)を代表して玉置がご説明いたします。8
  • 9. 本日お話ししたいこと• Ubuntu とUbuntu OpenStack のこと• Ubuntu OpenStack が選択されている理由– 4つのプロダクト– 選択されている3つの理由– 提案事例のご紹介• Canonicalパートナーの取り組みのご紹介9
  • 10. 本日お話ししたいこと• Ubuntu とUbuntu OpenStack のこと• Ubuntu OpenStack が選択されている理由– 4つのプロダクト– 選択されている3つの理由– 提案事例のご紹介• Canonicalパートナーの取り組みのご紹介10
  • 11. Ubuntu とUbuntu OpenStack のこと• CanonicalとUbuntuとUbuntu OpenStack• Ubuntu の適用範囲が広がっています• Ubuntu はむずかしくありません• Ubuntu OpenStack は一番使われています11
  • 12. 質問させてください挙手をお願いいたします。1. 『Ubuntuを知っている』2. 『Canonicalを知っている』12
  • 13. CanonicalとUbuntuとUbuntu OpenStackUbuntu支援クラウド製品Canonical Ubuntu OpenStack13
  • 14. Ubuntuの適用範囲は広がっていますUbuntu UbuntuUbuntuAmazon AWSのEC2上での利用状況OpenStack上のゲストOSの利用状況WebサーバのホストOSのトレンド
  • 15. Webサービスやプラットフォームで採用
  • 16. UbuntuはむずかしくありませんHP古賀様がThinkITで執筆Ubuntu Serverの基礎http://thinkit.co.jp/story/2013/12/12/4698Ubuntu Serverとその他のサーバーOSを比較するhttp://thinkit.co.jp/story/2014/01/15/4749RHELユーザーが知っておきたい、Ubuntu Serverとのコマンド・サービスの違いhttp://thinkit.co.jp/story/2014/01/16/475016
  • 17. クラウドでも採用相次ぐ
  • 18. Source: OpenStackFoundation Survey 2013Ubuntu OpenStackが一番使われています
  • 19. 本日お話ししたいこと• Ubuntu とUbuntu OpenStack のこと• Ubuntu OpenStack が選択されている理由– 4つのプロダクト– 選択されている3つの理由– 提案事例のご紹介• Canonicalパートナーの取り組みのご紹介19
  • 20. Ubuntu OpenStack が選択されている理由• 4つのプロダクト• 選択されている3つの理由– コスト– サポートサービス– 事前検証済み構成• 提案事例のご紹介– イミュータブルOpenStack20
  • 21. 物理マシンプロビジョニングアプリケーションのデプロイメントMAAS運用管理支援OpenStack基盤4つのプロダクト4つのプロダクト
  • 22. プロダクトの位置づけ22UbuntuクラウドツールJujuMAASLandscapeアプリケーションOpenStack外部の運用監視ツール+ID認証アクセス管理4つのプロダクト
  • 23. Ubuntu OpenStack1 導入実績#12OpenStackの開発・テストで利用(リファレンスOS)3大規模環境の導入ノウハウが豊富4つのプロダクト
  • 24. Jujuアプリケーションのデプロイメントツール900+の事前定義スクリプト(Charms)OpenStackの高速インストールが可能1234つのプロダクト
  • 25. 4つのプロダクトMAAS:Metal as a ServiceMAAS物理マシンプロビジョニング物理サーバも仮想サーバも一元管理プロビジョニングをコマンドやREST APIで提供123
  • 26. Juju/MAASの構成Ubuntu Juju• クラウド上に迅速かつ簡単にサービス(OpenStackのようなクラウドインフラも含む)をデプロイ• サービスの設定や依存性などを事前定義スクリプト(Charms)にまとめることができる• AWSやAzureの他、MAASやLXCに対してサービスをデプロイ可能Ubuntu MAAS• ベアメタルマシンや仮想マシンを、クラウド上の仮想マシンと同様の簡単さとフレキシビリティで管理• Jujuと組み合わせて使用することで、ベアメタルプロビジョニングに対応したOpenStack環境を容易に構築できる264つのプロダクトJuju API Juju GUI事前定義スクリプト(Charms)クラウドオーケストレータ(Ubuntu Juju)HP PublicCloudMAAS APIMicrosoftAzureフィジカルプロビジョニング(Ubuntu MAAS)AmazonWeb ServiceLXCベアメタルマシン仮想マシン
  • 27. Juju/MAASによるデプロイ例Ubuntu Jujuサービスのデプロイ例WordPressのデプロイUbuntu Juju/MAASベアメタルサーバを指定したデプロイ例MySQLのデプロイ27$ juju deploy wordpress$ juju deploy mysql$ juju add-relation wordpress mysql$ juju expose wordpress$ juju deploy mysql --to 0$ juju deploy mysql --to 24/lxc/34つのプロダクトWordPress MySQLUbuntu UbuntuWordPress Charm MySQL Charm
  • 28. Landscapeパッケージおよびパッチの一元管理パッケージおよびパッチの一斉配布・選択配布セキュリティ/監査レポート1234つのプロダクト
  • 29. 本日お話ししたいこと• Ubuntu とUbuntu OpenStack のこと• Ubuntu OpenStack が選択されている理由– 4つのプロダクト– 選択されている3つの理由– 提案事例のご紹介• Canonicalパートナーの取り組みのご紹介29
  • 30. 理由⓪:オープンソースだから• ベンダーロックインを排除• オープンイノベーションの活用– ハードウェアやソフトウェアのオープンソース化が進展中– 『オープンソース化したコモディティ技術を自社のサービスや業務でいかに活用するのか』がこれからのITの大きなテーマ303つの選択理由
  • 31. 理由①:コスト• Ubuntu OpenStackのソフトウェアライセンスは不要• Ubuntu OpenStackのサポートが必要になったときにサポートサービス(UbuntuAdvantage)を提供• ホストOSだけでなく、ゲストOSのサポート費用も含む313つの選択理由
  • 32. サポート料金体系500ノード以上なら$350k / 年20ノード以下のPOC環境なら$20k / 年アベイラビリティ毎のサポート料金体系です100ノード未満なら$75k / 年3つの選択理由物理ノード数
  • 33. 理由②:サポートサービス• 5年間のサポート(Long Term Release Support)• 最新のUbuntu 14.04 LTS は下記のOpenStackをサポート– Icehouse:2014年4月リリース– Juno:2014年10月リリース予定– Kilo:2015年4年リリース予定– Lリリース(仮名):2015年10月リリース予定– Mリリース(仮名):2016年4月リリース予定333つの選択理由
  • 34. サポートサイクル3つの選択理由
  • 35. 理由③:事前検証済み構成Ubuntu OpenStack Interoperability Lab (OIL)参加企業・組織353つの選択理由
  • 36. 3つの選択理由テストの自動化OIL参加企業のH/WやS/Wを組み込んだテスト環境とテストプログラムを用意1 2事前定義のテストプログラムプログラムを実行の更新OpenStackの開発
  • 37. 本日お話ししたいこと• Ubuntu とUbuntu OpenStack のこと• Ubuntu OpenStack が選択されている理由– 4つのプロダクト– 選択されている3つの理由– 提案事例のご紹介• Canonicalパートナーの取り組みのご紹介37
  • 38. 本日お話ししたいこと• 弊社理解• ご提案– イミュータブルOpenStack環境構築• ソリューションのご紹介– Ubuntu Juju/MAAS• プロジェクトの進め方38提案事例
  • 39. 弊社理解:課題認識と解決の方向性課題認識解決の方向性39研究テーマイミュータブルOpenStackプロビジョニング技術の活用開発・検証環境リソースプール化OpenStackへの機能拡張オープンナレッジの活用• 環境構築に時間がかかる• 一般的な環境しかできない• 環境手配が大変• 使用してないサーバがある• 仮想環境で独自処理をモニタリングできない• 開発・構築のためのノウハウが足りない提案事例
  • 40. ご提案:イミュータブルOpenStack環境構築クラウドオーケストレータクラウドオーケストレータ&プロビジョニング( Ubuntu Juju / DevStack /Red Hat RDO PackStack / Chef / Puppet / Ansible / Vagrant / etc )コントローラ(OpenStack) コントローラ(OpenStack)リソースプールコントローラ(OpenStack)フィジカルプロビジョニング(Ubuntu MAAS / OpenStack TripleO)コンピュートネットワークストレージ40プロジェクトA機能検証用プロジェクトB開発用プロジェクトCステージング用VM VM VM VM VM VM VM VMVM VM VM VMプロビジョニング技術の活用開発・検証環境リソースプール化OpenStackへの機能拡張オープンナレッジの活用提案事例
  • 41. ご提案のスコープイミュータブルOpenStack環境構築をお手伝いいたします。クラウドオーケストレータクラウドオーケストレータ&プロビジョニング( Ubuntu Juju / DevStack /Red Hat RDO PackStack / Chef / Puppet / Ansible / Vagrant / etc )コントローラ(OpenStack) コントローラ(OpenStack)リソースプールコントローラ(OpenStack)フィジカルプロビジョニング(Ubuntu MAAS / OpenStack TripleO)コンピュートネットワークストレージ41プロジェクトA機能検証用プロジェクトB開発用プロジェクトCステージング用VM VM VM VM VM VM VM VMVM VM VM VM提案事例
  • 42. イミュータブルOpenStack• リソースプール– リソースの一元管理• コンピュート– 仮想マシン(KVMなど)、ベアメタルマシン、コンテナ(LXCなど)– OSイメージ(Ubuntu、Windows、CentOS)• ネットワーク• ストレージ– リソースのアサイン/リリース• リソース管理のAPI– ユーザ/プロジェクト管理• クラウドオーケストレータ– プログラマブルな環境構築• リソースプール上でのOpenStack環境の構築– OpenStack構築のためのスクリプトを用意– SwiftやCephなどのインフラやアプリケーションを事前定義スクリプト化Ubuntu Juju/MAASで4の2 実現をご提案します提案事例
  • 43. デモンストレーション43デモンストレーション
  • 44. デモ環境の物理構成44デモンストレーション
  • 45. Ubuntu Juju/MAASを使ったデプロイ1. (KVM環境の構築)2. MAAS環境の構築3. juju-coreのインストール4. juju管理用ノードのデプロイ5. OpenStack環境のデプロイ6. Neutronノードの設定45デモンストレーション
  • 46. Ubuntu Juju/MAASを使ったデプロイ1. (KVM環境の構築)2. MAAS環境の構築3. juju-coreのインストール4. juju管理用ノードのデプロイ5. OpenStack環境のデプロイ6. Neutronノードの設定46デモンストレーション
  • 47. MAAS環境へのログイン47デモンストレーション
  • 48. MAAS環境へのログイン後48デモンストレーション
  • 49. ノードの一覧49デモンストレーション
  • 50. ノード情報の詳細50デモンストレーション
  • 51. プロビジョニング設定51デモンストレーション
  • 52. Ubuntu Juju/MAASを使ったデプロイ1. (KVM環境の構築)2. MAAS環境の構築3. juju-coreのインストール4. juju管理用ノードのデプロイ5. OpenStack環境のデプロイ6. Neutronノードの設定52デモンストレーション
  • 53. openstack.yamlの作成• openstackの各チャームに対する設定はyamlファイルで記述する• 右の通りファイルを作成して、ホームディレクトリに配置する53keystone:admin-password: passwordadmin-token: ubuntuopenstacknova-cloud-controller:network-manager: Neutronquantum-security-groups: "yes"cinder:block-device: vdboverwrite: "true"quantum-gateway:ext-port: eth1openstack-dashboard:webroot: /デモンストレーション
  • 54. OpenStackチャームのデプロイ• 以下のコマンドを実行して、チャームをデプロイする$ juju deploy --constraints tags=vm mysql$ juju deploy --constraints tags=vm rabbitmq-server$ juju deploy --config openstack.yaml --constraints tags=vm keystone$ juju deploy --config openstack.yaml --constraints tags=vm nova-cloud-controller$ juju deploy --constraints tags=compute nova-compute$ juju deploy --constraints tags=vm glance$ juju deploy --config openstack.yaml --constraints tags=cinder cinder$ juju deploy --config openstack.yaml --constraints tags=neutron quantum-gateway$ juju deploy --config openstack.yaml --constraints tags=vm openstack-dashboard54デモンストレーション
  • 55. 関連付けコマンド$ juju add-relation keystone mysql$ juju add-relation nova-cloud-controller rabbitmq-server$ juju add-relation nova-cloud-controller mysql$ juju add-relation nova-cloud-controller keystone$ juju add-relation nova-compute:amqp rabbitmq-server:amqp$ juju add-relation nova-compute mysql$ juju add-relation nova-compute nova-cloud-controller$ juju add-relation glance mysql$ juju add-relation glance keystone$ juju add-relation glance nova-compute$ juju add-relation glance nova-cloud-controller$ juju add-relation cinder mysql$ juju add-relation cinder glance$ juju add-relation cinder rabbitmq-server$ juju add-relation cinder nova-cloud-controller$ juju add-relation cinder keystone$ juju add-relation quantum-gateway mysql$ juju add-relation quantum-gateway rabbitmq-server$ juju add-relation quantum-gateway nova-cloud-controller$ juju add-relation openstack-dashboard keystone55デモンストレーション
  • 56. Juju環境へのログイン56デモンストレーション
  • 57. Juju環境へのログイン後57デモンストレーション
  • 58. MySQLチャーム58デモンストレーション
  • 59. MySQLチャーム59デモンストレーション
  • 60. OpenStack Dashboardチャーム60デモンストレーション
  • 61. OpenStack Dashboardチャーム61デモンストレーション
  • 62. Dashboardへのログイン62デモンストレーション
  • 63. Dashboardへのログイン後63デモンストレーション
  • 64. ネットワークトポロジー64デモンストレーション
  • 65. インスタンスの起動65デモンストレーション
  • 66. インスタンスの追加後66デモンストレーション
  • 67. インスタンスの追加後67デモンストレーション
  • 68. Juju+MAAS構築手順書配布中http://EnterpriseCloud.jp/installguide-juju-openstack/68デモンストレーション
  • 69. Ubuntu Juju/MAASの良さ• オープンソース– Ubuntu Juju/MAASはオープンソースで提供されているため、ベンダーロックインなく使用できます• Ubuntu OpenStackとの親和性– OpenStack Foundation のUser Surveyによると、OpenStackのProductionサイトの6割でUbuntu OpenStackが使用されています• プロビジョニングツールとしての実績– OpenStackのプロビジョニングツールとして、イミュータブルOpenStackを実現するために、現時点で最適であると考えております69提案事例
  • 70. 再掲:Ubuntu OpenStack が選択されている理由• 4つのプロダクト• 選択されている3つの理由– コスト– サポートサービス– 事前検証済み構成• 提案事例のご紹介– イミュータブルOpenStack70
  • 71. 本日お話ししたいこと• Ubuntu とUbuntu OpenStack のこと• Ubuntu OpenStack が選択されている理由– 4つのプロダクト– 選択されている3つの理由– 提案事例のご紹介• Canonicalパートナーの取り組みのご紹介71
  • 72. Canonicalパートナーの取り組みのご紹介• 日本IBM• ネットワンシステムズ• クリエーションライン• 日本仮想化技術• ミラクルリナックス72
  • 73. Complete member list at www.openpowerfoundation.orgOpenPOWERFoundation業界とエンド・ユーザーに価値を提供するイノベーターのエコシステムを拡大
  • 74. ubuntu + NVIDIA GPU + IBM POWER8業界初のJava向けGPUアクセラレーターCPUのみで実行する場合と比較して、Hadoopアナリティクス・アプリケーションのパフォーマンスが飛躍的に向上。NVIDIAは、高速インターコネクトNVLinkをOpenPOWERFoundationの参加者向けに技術をライセンス提供。NVIDIA、世界初の高速GPUインターコネクトを発表エクサスケール・コンピューティングに道を開くhttp://www.nvidia.co.jp/object/nvlink-world-first-high-speed-gpu-interconnect-20140326-jp.html
  • 75. 75AMD/SeaMicroの取り組み『Canonical OpenStack』と『超高集積サーバーSeaMicro』で…『クラウド・イン・ア・ラック』ソリューションOpenStackプライベート・クラウド構築を簡単に実現!!!下記すべてのモジュールを、10RUのボックス内で。すぐに始められるOpenStackです。3 クラウドコントローラー57 Nova ノード3 Cinder ノード64 GB オブジェクトストレージ128 GbE NICs (最大512GbE)レイヤー2スイッチ内蔵80 Gbps I/Oサーバーあたり約55Wの消費電力+AMD/SeaMicroについてのご相談・お問い合わせは、ネットワンシステムズ株式会社まで!
  • 76. クリエーションラインOpenStackの導入コンサルティングから運用まで一貫してサービスの提供が可能– 大規模クラウド運用(2000物理サーバ)の実績– Chef、Docker、Capistranoや独自のテスト自動化ツールを積極的に使用し、効率的な運用– カスタムポータルを提供可能http://www.cre76ationline.com
  • 77. 日本仮想化技術http://Enterp7r7 iseCloud.jp
  • 78. 複数の運用管理ソフトを集約できる監視コンソールOpenStack対応!!OSS運用統合ソフトHatoholOpenStack でのネットワークZBX agentZBX agentNREZZBX severVMCopyright © 2000-2014 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reservedZBX agentCustomerVMCustomerVMZBX agentNRPZCustomerVMCustomerVMNet1Net2Net3CustomerVMhttps://github.com/project-hatohol/hatohol複数の監視サーバを統合してイベントを管理- 複数の監視ソフトで取得した情報を統合管理複数の管理対象のリソースを縦串、横串で確認- 監視ソフト/環境の違いを意識せず、一括でグラフ/イベント表示- 監視サーバ、監視対象を問わずグラフを並べて表示Ubuntu OpenStackZBX severVMNagiosHatoholゲストOS、アプリのリソース、ログ仮想マシンリソース物理環境のリソース、ログ<イメージ図>USER1Net1のみ閲覧USER2Net2~3閲覧USER3Net1~4全て閲覧CustomerVM
  • 79. Canonicalパートナーブースでお待ちしております79アマゾンCloud Days Tokyo 内小間番号# 3−19目印は、アマゾンとバラクーダネットワークスカノニカル・パートナーブース
  • 80. お問い合わせ先Ubuntu やUbuntu OpenStack についての疑問・質問がありましたら、お問い合わせください。日本仮想化技術エンタープライズクラウド事業部玉置ntamaoki @ virtualtech.jp80
    Please download to view
  • 80
    All materials on our website are shared by users. If you have any questions about copyright issues, please report us to resolve them. We are always happy to assist you.
    Description
    講師:日本仮想化技術 玉置
    日時:2014/10/16
    タイトル:Canonicalが支える、さくっと使えるUbuntu OpenStack
    概要:
    - Ubuntu と Ubuntu OpenStack のこと
    - Ubuntu OpenStack が選択されている理由
    --- 4つのプロダクト
    --- 選択されている3つの理由
    --- 提案事例のご紹介
    - Canonicalパートナーの取り組みのご紹介
    Text
    • 1. OpenStack Day in ITpro EXPO 2014Canonicalが支える、さくっと使えるUbuntu OpenStack日本仮想化技術株式会社VitrualTech.jp玉置伸行
  • 2. 私は誰?• 日本仮想化技術の中の人• OpenStack関連のビジネス創出中• @ITの「たまおきのOpenStackウオッチ」の中の人• ThinkITでOpenStackディストリビューション8社比較記事を企画中2
  • 3. 日本仮想化技術株式会社概要• 社名:日本仮想化技術株式会社– 英語名:VirtualTech Japan Inc.– 略称:日本仮想化技術/VTJベンダーニュートラルな独立系仮想化技術のエキスパート集団• 設立:2006年12月• 資本金:2,000万円• 売上高:1億3,000万円(2013年7月期)• 本社:東京都渋谷区渋谷1-8-1• 取締役:宮原徹(代表取締役社長兼CEO)• 伊藤宏通(取締役CTO)• スタッフ:8名(うち、7名が仮想化技術専門エンジニアです)• URL:http://VirtualTech.jp/• 仮想化技術に関する研究および開発– 仮想化技術に関する各種調査– 仮想化技術に関連したソフトウェアの開発– 仮想化技術を導入したシステムの構築– OpenStackの導入支援・新規機能開発3
  • 4. 仮想化環境構築をトータルサポート設計導入・移行• 戦略立案– コスト削減、社内標準化、将来プランのコンサルティング• 設計– 要求仕様の策定– サーバ、ストレージからネットワークまでアプリケーションまで考慮した設計最適化– キャパシティプランニング(ベンチマーク)• 導入– 仮想化ソリューションパッケージの提供– 仮想化統合(P2V既存環境移行)• 運用保守– エンジニア教育– 技術サポートの提供– OSSソースコードレベルサポート運用保守ベンダーニュートラルなワンストップ・サポートをご提供4戦略立案
  • 5. OpenStackへの貢献• コントリビューション– Nova bare-metalprovisioning– DiskImage Builder– Bug fixes in variousprojects• イベント企画・運営• ドキュメント公開5Stackalytics – VirtualTech’s contributionsCommit 数は120OpenStack最新情報セミナー
  • 6. OpenStack最新情報セミナー• OpenStackに関心のあるエンジニアを対象とした技術セミナー• 過去7回実施(括弧内は申込者数)– 2013/11 Canonical 講演(80名)– 2014/2 HP Moonshot 紹介(100名)– 2014/4 SDN&OpenStack (200名)– 2014/6 ストレージ(120名)– 2014/8 OpenStack Distribution (140名)– 2014/10 大規模×ネットワーク(120名)6
  • 7. EnterpriseCloud.jp• OpenStackで始めるエンタープライズクラウドの情報サイト• OpenStack導入手順書のダウンロード• 各種プレゼン資料• その他ブログ記事7
  • 8. なぜ私がお話しするのか?Canonical社のビジネスパートナー– クリエーションライン– 日本IBM– 日本仮想化技術– ネットワンシステムズ– ミラクル・リナックス(50音順)を代表して玉置がご説明いたします。8
  • 9. 本日お話ししたいこと• Ubuntu とUbuntu OpenStack のこと• Ubuntu OpenStack が選択されている理由– 4つのプロダクト– 選択されている3つの理由– 提案事例のご紹介• Canonicalパートナーの取り組みのご紹介9
  • 10. 本日お話ししたいこと• Ubuntu とUbuntu OpenStack のこと• Ubuntu OpenStack が選択されている理由– 4つのプロダクト– 選択されている3つの理由– 提案事例のご紹介• Canonicalパートナーの取り組みのご紹介10
  • 11. Ubuntu とUbuntu OpenStack のこと• CanonicalとUbuntuとUbuntu OpenStack• Ubuntu の適用範囲が広がっています• Ubuntu はむずかしくありません• Ubuntu OpenStack は一番使われています11
  • 12. 質問させてください挙手をお願いいたします。1. 『Ubuntuを知っている』2. 『Canonicalを知っている』12
  • 13. CanonicalとUbuntuとUbuntu OpenStackUbuntu支援クラウド製品Canonical Ubuntu OpenStack13
  • 14. Ubuntuの適用範囲は広がっていますUbuntu UbuntuUbuntuAmazon AWSのEC2上での利用状況OpenStack上のゲストOSの利用状況WebサーバのホストOSのトレンド
  • 15. Webサービスやプラットフォームで採用
  • 16. UbuntuはむずかしくありませんHP古賀様がThinkITで執筆Ubuntu Serverの基礎http://thinkit.co.jp/story/2013/12/12/4698Ubuntu Serverとその他のサーバーOSを比較するhttp://thinkit.co.jp/story/2014/01/15/4749RHELユーザーが知っておきたい、Ubuntu Serverとのコマンド・サービスの違いhttp://thinkit.co.jp/story/2014/01/16/475016
  • 17. クラウドでも採用相次ぐ
  • 18. Source: OpenStackFoundation Survey 2013Ubuntu OpenStackが一番使われています
  • 19. 本日お話ししたいこと• Ubuntu とUbuntu OpenStack のこと• Ubuntu OpenStack が選択されている理由– 4つのプロダクト– 選択されている3つの理由– 提案事例のご紹介• Canonicalパートナーの取り組みのご紹介19
  • 20. Ubuntu OpenStack が選択されている理由• 4つのプロダクト• 選択されている3つの理由– コスト– サポートサービス– 事前検証済み構成• 提案事例のご紹介– イミュータブルOpenStack20
  • 21. 物理マシンプロビジョニングアプリケーションのデプロイメントMAAS運用管理支援OpenStack基盤4つのプロダクト4つのプロダクト
  • 22. プロダクトの位置づけ22UbuntuクラウドツールJujuMAASLandscapeアプリケーションOpenStack外部の運用監視ツール+ID認証アクセス管理4つのプロダクト
  • 23. Ubuntu OpenStack1 導入実績#12OpenStackの開発・テストで利用(リファレンスOS)3大規模環境の導入ノウハウが豊富4つのプロダクト
  • 24. Jujuアプリケーションのデプロイメントツール900+の事前定義スクリプト(Charms)OpenStackの高速インストールが可能1234つのプロダクト
  • 25. 4つのプロダクトMAAS:Metal as a ServiceMAAS物理マシンプロビジョニング物理サーバも仮想サーバも一元管理プロビジョニングをコマンドやREST APIで提供123
  • 26. Juju/MAASの構成Ubuntu Juju• クラウド上に迅速かつ簡単にサービス(OpenStackのようなクラウドインフラも含む)をデプロイ• サービスの設定や依存性などを事前定義スクリプト(Charms)にまとめることができる• AWSやAzureの他、MAASやLXCに対してサービスをデプロイ可能Ubuntu MAAS• ベアメタルマシンや仮想マシンを、クラウド上の仮想マシンと同様の簡単さとフレキシビリティで管理• Jujuと組み合わせて使用することで、ベアメタルプロビジョニングに対応したOpenStack環境を容易に構築できる264つのプロダクトJuju API Juju GUI事前定義スクリプト(Charms)クラウドオーケストレータ(Ubuntu Juju)HP PublicCloudMAAS APIMicrosoftAzureフィジカルプロビジョニング(Ubuntu MAAS)AmazonWeb ServiceLXCベアメタルマシン仮想マシン
  • 27. Juju/MAASによるデプロイ例Ubuntu Jujuサービスのデプロイ例WordPressのデプロイUbuntu Juju/MAASベアメタルサーバを指定したデプロイ例MySQLのデプロイ27$ juju deploy wordpress$ juju deploy mysql$ juju add-relation wordpress mysql$ juju expose wordpress$ juju deploy mysql --to 0$ juju deploy mysql --to 24/lxc/34つのプロダクトWordPress MySQLUbuntu UbuntuWordPress Charm MySQL Charm
  • 28. Landscapeパッケージおよびパッチの一元管理パッケージおよびパッチの一斉配布・選択配布セキュリティ/監査レポート1234つのプロダクト
  • 29. 本日お話ししたいこと• Ubuntu とUbuntu OpenStack のこと• Ubuntu OpenStack が選択されている理由– 4つのプロダクト– 選択されている3つの理由– 提案事例のご紹介• Canonicalパートナーの取り組みのご紹介29
  • 30. 理由⓪:オープンソースだから• ベンダーロックインを排除• オープンイノベーションの活用– ハードウェアやソフトウェアのオープンソース化が進展中– 『オープンソース化したコモディティ技術を自社のサービスや業務でいかに活用するのか』がこれからのITの大きなテーマ303つの選択理由
  • 31. 理由①:コスト• Ubuntu OpenStackのソフトウェアライセンスは不要• Ubuntu OpenStackのサポートが必要になったときにサポートサービス(UbuntuAdvantage)を提供• ホストOSだけでなく、ゲストOSのサポート費用も含む313つの選択理由
  • 32. サポート料金体系500ノード以上なら$350k / 年20ノード以下のPOC環境なら$20k / 年アベイラビリティ毎のサポート料金体系です100ノード未満なら$75k / 年3つの選択理由物理ノード数
  • 33. 理由②:サポートサービス• 5年間のサポート(Long Term Release Support)• 最新のUbuntu 14.04 LTS は下記のOpenStackをサポート– Icehouse:2014年4月リリース– Juno:2014年10月リリース予定– Kilo:2015年4年リリース予定– Lリリース(仮名):2015年10月リリース予定– Mリリース(仮名):2016年4月リリース予定333つの選択理由
  • 34. サポートサイクル3つの選択理由
  • 35. 理由③:事前検証済み構成Ubuntu OpenStack Interoperability Lab (OIL)参加企業・組織353つの選択理由
  • 36. 3つの選択理由テストの自動化OIL参加企業のH/WやS/Wを組み込んだテスト環境とテストプログラムを用意1 2事前定義のテストプログラムプログラムを実行の更新OpenStackの開発
  • 37. 本日お話ししたいこと• Ubuntu とUbuntu OpenStack のこと• Ubuntu OpenStack が選択されている理由– 4つのプロダクト– 選択されている3つの理由– 提案事例のご紹介• Canonicalパートナーの取り組みのご紹介37
  • 38. 本日お話ししたいこと• 弊社理解• ご提案– イミュータブルOpenStack環境構築• ソリューションのご紹介– Ubuntu Juju/MAAS• プロジェクトの進め方38提案事例
  • 39. 弊社理解:課題認識と解決の方向性課題認識解決の方向性39研究テーマイミュータブルOpenStackプロビジョニング技術の活用開発・検証環境リソースプール化OpenStackへの機能拡張オープンナレッジの活用• 環境構築に時間がかかる• 一般的な環境しかできない• 環境手配が大変• 使用してないサーバがある• 仮想環境で独自処理をモニタリングできない• 開発・構築のためのノウハウが足りない提案事例
  • 40. ご提案:イミュータブルOpenStack環境構築クラウドオーケストレータクラウドオーケストレータ&プロビジョニング( Ubuntu Juju / DevStack /Red Hat RDO PackStack / Chef / Puppet / Ansible / Vagrant / etc )コントローラ(OpenStack) コントローラ(OpenStack)リソースプールコントローラ(OpenStack)フィジカルプロビジョニング(Ubuntu MAAS / OpenStack TripleO)コンピュートネットワークストレージ40プロジェクトA機能検証用プロジェクトB開発用プロジェクトCステージング用VM VM VM VM VM VM VM VMVM VM VM VMプロビジョニング技術の活用開発・検証環境リソースプール化OpenStackへの機能拡張オープンナレッジの活用提案事例
  • 41. ご提案のスコープイミュータブルOpenStack環境構築をお手伝いいたします。クラウドオーケストレータクラウドオーケストレータ&プロビジョニング( Ubuntu Juju / DevStack /Red Hat RDO PackStack / Chef / Puppet / Ansible / Vagrant / etc )コントローラ(OpenStack) コントローラ(OpenStack)リソースプールコントローラ(OpenStack)フィジカルプロビジョニング(Ubuntu MAAS / OpenStack TripleO)コンピュートネットワークストレージ41プロジェクトA機能検証用プロジェクトB開発用プロジェクトCステージング用VM VM VM VM VM VM VM VMVM VM VM VM提案事例
  • 42. イミュータブルOpenStack• リソースプール– リソースの一元管理• コンピュート– 仮想マシン(KVMなど)、ベアメタルマシン、コンテナ(LXCなど)– OSイメージ(Ubuntu、Windows、CentOS)• ネットワーク• ストレージ– リソースのアサイン/リリース• リソース管理のAPI– ユーザ/プロジェクト管理• クラウドオーケストレータ– プログラマブルな環境構築• リソースプール上でのOpenStack環境の構築– OpenStack構築のためのスクリプトを用意– SwiftやCephなどのインフラやアプリケーションを事前定義スクリプト化Ubuntu Juju/MAASで4の2 実現をご提案します提案事例
  • 43. デモンストレーション43デモンストレーション
  • 44. デモ環境の物理構成44デモンストレーション
  • 45. Ubuntu Juju/MAASを使ったデプロイ1. (KVM環境の構築)2. MAAS環境の構築3. juju-coreのインストール4. juju管理用ノードのデプロイ5. OpenStack環境のデプロイ6. Neutronノードの設定45デモンストレーション
  • 46. Ubuntu Juju/MAASを使ったデプロイ1. (KVM環境の構築)2. MAAS環境の構築3. juju-coreのインストール4. juju管理用ノードのデプロイ5. OpenStack環境のデプロイ6. Neutronノードの設定46デモンストレーション
  • 47. MAAS環境へのログイン47デモンストレーション
  • 48. MAAS環境へのログイン後48デモンストレーション
  • 49. ノードの一覧49デモンストレーション
  • 50. ノード情報の詳細50デモンストレーション
  • 51. プロビジョニング設定51デモンストレーション
  • 52. Ubuntu Juju/MAASを使ったデプロイ1. (KVM環境の構築)2. MAAS環境の構築3. juju-coreのインストール4. juju管理用ノードのデプロイ5. OpenStack環境のデプロイ6. Neutronノードの設定52デモンストレーション
  • 53. openstack.yamlの作成• openstackの各チャームに対する設定はyamlファイルで記述する• 右の通りファイルを作成して、ホームディレクトリに配置する53keystone:admin-password: passwordadmin-token: ubuntuopenstacknova-cloud-controller:network-manager: Neutronquantum-security-groups: "yes"cinder:block-device: vdboverwrite: "true"quantum-gateway:ext-port: eth1openstack-dashboard:webroot: /デモンストレーション
  • 54. OpenStackチャームのデプロイ• 以下のコマンドを実行して、チャームをデプロイする$ juju deploy --constraints tags=vm mysql$ juju deploy --constraints tags=vm rabbitmq-server$ juju deploy --config openstack.yaml --constraints tags=vm keystone$ juju deploy --config openstack.yaml --constraints tags=vm nova-cloud-controller$ juju deploy --constraints tags=compute nova-compute$ juju deploy --constraints tags=vm glance$ juju deploy --config openstack.yaml --constraints tags=cinder cinder$ juju deploy --config openstack.yaml --constraints tags=neutron quantum-gateway$ juju deploy --config openstack.yaml --constraints tags=vm openstack-dashboard54デモンストレーション
  • 55. 関連付けコマンド$ juju add-relation keystone mysql$ juju add-relation nova-cloud-controller rabbitmq-server$ juju add-relation nova-cloud-controller mysql$ juju add-relation nova-cloud-controller keystone$ juju add-relation nova-compute:amqp rabbitmq-server:amqp$ juju add-relation nova-compute mysql$ juju add-relation nova-compute nova-cloud-controller$ juju add-relation glance mysql$ juju add-relation glance keystone$ juju add-relation glance nova-compute$ juju add-relation glance nova-cloud-controller$ juju add-relation cinder mysql$ juju add-relation cinder glance$ juju add-relation cinder rabbitmq-server$ juju add-relation cinder nova-cloud-controller$ juju add-relation cinder keystone$ juju add-relation quantum-gateway mysql$ juju add-relation quantum-gateway rabbitmq-server$ juju add-relation quantum-gateway nova-cloud-controller$ juju add-relation openstack-dashboard keystone55デモンストレーション
  • 56. Juju環境へのログイン56デモンストレーション
  • 57. Juju環境へのログイン後57デモンストレーション
  • 58. MySQLチャーム58デモンストレーション
  • 59. MySQLチャーム59デモンストレーション
  • 60. OpenStack Dashboardチャーム60デモンストレーション
  • 61. OpenStack Dashboardチャーム61デモンストレーション
  • 62. Dashboardへのログイン62デモンストレーション
  • 63. Dashboardへのログイン後63デモンストレーション
  • 64. ネットワークトポロジー64デモンストレーション
  • 65. インスタンスの起動65デモンストレーション
  • 66. インスタンスの追加後66デモンストレーション
  • 67. インスタンスの追加後67デモンストレーション
  • 68. Juju+MAAS構築手順書配布中http://EnterpriseCloud.jp/installguide-juju-openstack/68デモンストレーション
  • 69. Ubuntu Juju/MAASの良さ• オープンソース– Ubuntu Juju/MAASはオープンソースで提供されているため、ベンダーロックインなく使用できます• Ubuntu OpenStackとの親和性– OpenStack Foundation のUser Surveyによると、OpenStackのProductionサイトの6割でUbuntu OpenStackが使用されています• プロビジョニングツールとしての実績– OpenStackのプロビジョニングツールとして、イミュータブルOpenStackを実現するために、現時点で最適であると考えております69提案事例
  • 70. 再掲:Ubuntu OpenStack が選択されている理由• 4つのプロダクト• 選択されている3つの理由– コスト– サポートサービス– 事前検証済み構成• 提案事例のご紹介– イミュータブルOpenStack70
  • 71. 本日お話ししたいこと• Ubuntu とUbuntu OpenStack のこと• Ubuntu OpenStack が選択されている理由– 4つのプロダクト– 選択されている3つの理由– 提案事例のご紹介• Canonicalパートナーの取り組みのご紹介71
  • 72. Canonicalパートナーの取り組みのご紹介• 日本IBM• ネットワンシステムズ• クリエーションライン• 日本仮想化技術• ミラクルリナックス72
  • 73. Complete member list at www.openpowerfoundation.orgOpenPOWERFoundation業界とエンド・ユーザーに価値を提供するイノベーターのエコシステムを拡大
  • 74. ubuntu + NVIDIA GPU + IBM POWER8業界初のJava向けGPUアクセラレーターCPUのみで実行する場合と比較して、Hadoopアナリティクス・アプリケーションのパフォーマンスが飛躍的に向上。NVIDIAは、高速インターコネクトNVLinkをOpenPOWERFoundationの参加者向けに技術をライセンス提供。NVIDIA、世界初の高速GPUインターコネクトを発表エクサスケール・コンピューティングに道を開くhttp://www.nvidia.co.jp/object/nvlink-world-first-high-speed-gpu-interconnect-20140326-jp.html
  • 75. 75AMD/SeaMicroの取り組み『Canonical OpenStack』と『超高集積サーバーSeaMicro』で…『クラウド・イン・ア・ラック』ソリューションOpenStackプライベート・クラウド構築を簡単に実現!!!下記すべてのモジュールを、10RUのボックス内で。すぐに始められるOpenStackです。3 クラウドコントローラー57 Nova ノード3 Cinder ノード64 GB オブジェクトストレージ128 GbE NICs (最大512GbE)レイヤー2スイッチ内蔵80 Gbps I/Oサーバーあたり約55Wの消費電力+AMD/SeaMicroについてのご相談・お問い合わせは、ネットワンシステムズ株式会社まで!
  • 76. クリエーションラインOpenStackの導入コンサルティングから運用まで一貫してサービスの提供が可能– 大規模クラウド運用(2000物理サーバ)の実績– Chef、Docker、Capistranoや独自のテスト自動化ツールを積極的に使用し、効率的な運用– カスタムポータルを提供可能http://www.cre76ationline.com
  • 77. 日本仮想化技術http://Enterp7r7 iseCloud.jp
  • 78. 複数の運用管理ソフトを集約できる監視コンソールOpenStack対応!!OSS運用統合ソフトHatoholOpenStack でのネットワークZBX agentZBX agentNREZZBX severVMCopyright © 2000-2014 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reservedZBX agentCustomerVMCustomerVMZBX agentNRPZCustomerVMCustomerVMNet1Net2Net3CustomerVMhttps://github.com/project-hatohol/hatohol複数の監視サーバを統合してイベントを管理- 複数の監視ソフトで取得した情報を統合管理複数の管理対象のリソースを縦串、横串で確認- 監視ソフト/環境の違いを意識せず、一括でグラフ/イベント表示- 監視サーバ、監視対象を問わずグラフを並べて表示Ubuntu OpenStackZBX severVMNagiosHatoholゲストOS、アプリのリソース、ログ仮想マシンリソース物理環境のリソース、ログ<イメージ図>USER1Net1のみ閲覧USER2Net2~3閲覧USER3Net1~4全て閲覧CustomerVM
  • 79. Canonicalパートナーブースでお待ちしております79アマゾンCloud Days Tokyo 内小間番号# 3−19目印は、アマゾンとバラクーダネットワークスカノニカル・パートナーブース
  • 80. お問い合わせ先Ubuntu やUbuntu OpenStack についての疑問・質問がありましたら、お問い合わせください。日本仮想化技術エンタープライズクラウド事業部玉置ntamaoki @ virtualtech.jp80
  • Comments
    Top